購入単位:20個
数量:

かんたん加工で施工時間の短縮! ピン付防水接栓 5C用

商品詳細

5C用 ピン付防水接栓 圧縮タイプ

ストリッパーでのケーブル加工に対応しており、施工時間の短縮が可能です。
ピンは圧着が不要で、差し込むだけでOKのかんたん施工です。

・対応周波数  5~3224MHz
・VSWR    1.5以下
・適応ケーブル S-5C-FB
・非圧着 0.8mm導体(金メッキ)

・推奨工具 TKG-BA3
・100個/袋入

※担当者のコメント
この商品の最大の特徴は、ケーブルの加工に「ストリッパー」が使用でき、
「ピン圧着加工が不要」により作業がぐんと楽になった点です。

作業スキルが不要で、誰でも簡単にコネクタ加工が可能な防水接栓です。
(同コネクタの加工に慣れると、20~30秒程度で取付が可能です)

施工の均一化、時間短縮にお役に立てるかと思っております。

まとめ買いがお得!

1個あたり お得!割引価格
20個~
71(税込)
100個~
58(税込)
100個購入の場合、1,300(税込)お得!
1000個~
50(税込)
1000個購入の場合、21,000(税込)お得!

単価表の数量を大きく越える購入をご検討の際には、別途御見積も承っております。
お問い合わせはこちら

注文コード
A3711
型番
CFP-PAT5
ポイント
1%
在庫区分
当日発送
在庫

※当日発送とは・・・e431から商品をお届けいたします。原則、弊社営業日の【13:00】までにお手続き(決済が終了)頂きました商品につきましては、即日発送が可能です。
※メーカー直送とは・・・メーカーからお客様へ商品を直接お届けいたします。配送方法及び配送指定日の選択はいただけませんので予めご了承ください。
※お取り寄せとは・・・ご注文確定後、商品をお取り寄せいたします。入荷次第の出荷となりますので、ご注意ください。配送指定日の選択はいただけませんので予めご了承ください。

71(税込)
購入単位:20個
数量:

5C用 ピン付防水接栓 圧縮タイプ

ストリッパーでのケーブル加工に対応しており、施工時間の短縮が可能です。
ピンは圧着が不要で、差し込むだけでOKのかんたん施工です。

・対応周波数  5~3224MHz
・VSWR    1.5以下
・適応ケーブル S-5C-FB
・非圧着 0.8mm導体(金メッキ)

・推奨工具 TKG-BA3
・100個/袋入

※担当者のコメント
この商品の最大の特徴は、ケーブルの加工に「ストリッパー」が使用でき、
「ピン圧着加工が不要」により作業がぐんと楽になった点です。

作業スキルが不要で、誰でも簡単にコネクタ加工が可能な防水接栓です。
(同コネクタの加工に慣れると、20~30秒程度で取付が可能です)

施工の均一化、時間短縮にお役に立てるかと思っております。

仕様書 ダウンロード
説明書 ダウンロード

詳細説明

圧縮方法

5C-FBケーブルにコネクターを挿入後、 専用工具にスライドさせて入れ、レバーを握ると完成です。

コネクタの拡大図

口コミをみる / 口コミを投稿する

平均4.7点

平均評価:4.7

  • 5点

    2020/01/15

    高いデジコンより扱いやすいコネクタです

    投稿者:e431ユーザー様

    地元のCATV保安器と貸与機器の端末処理はデジコンを使うよう指示されているのですが、中心コンタクト付きの高いデジコンより安価でケーブルも挿入しやすく、扱いはとても楽です。
    また長さも短めなので狭い箇所での取り回しも楽。
    工具もこちらで手ごろな価格で購入できますのでとてもお勧めなコネクタです。
  • 5点

    2018/04/18

    CFP-PAT5 防水接栓

    投稿者:匿名です様

    今回、従来の防水接栓が入手しにくくなったので、このCAF-PAT5防水接栓を使用する事にしました。
    接栓を選ぶにあたって「中心コンタクトピン方式の接栓」が前提でしたので、この接栓にたどり着いて、試しに使用してみました。
    従来のケーブルストリッパーは再利用可能でしたし、仕上がりも中心コンタクトピンがきちんと付けられ、別売りの圧縮工具TKG-BA3の使用で、正確な防水接栓のケーブル接続が簡単にできました。
  • 4点

    2014/01/27

    期待以上!

    投稿者:匿名者様

    中心コンタクト圧接不要タイプの接線は過去に使用して苦い経験がありサンプルを頂いて確認致しました。
    これは、ケーブルの外皮が伸びたのか芯線が後退したかにより、コネクタ内部でコンタクトと芯線が分離してしまうという最悪のトラブルです。
    十字に切ってあるコンタクト内部に溝が刻まれており、ただ差し込んだだけでも抜けにくい事は確認できますが、ケーブルをコネクタに差し込む段階で、ポリエチレン?のガイドがコンタクト部をすっぽり覆うようになり、通常の張力であれば抜けてしまう危険性は殆んど無いと容易に推測できます。
    一種の簡易ロック機構です。通常加工時に行うであろう配慮があれば、接触抵抗が増大する可能性は低く安定した接続が期待できそうです。

    使用するケーブルによってはストリップ寸法をアレンジした方が良い場合もありますので、この辺りはカットアンドトライで。

    コンタクトの位置がロックされる機構があれば最高だと思いますが、このサイズや価格、加工工数等から期待される信頼性は必要十分だと思いました。
    星の数は、将来に期待という事で控えめに。