マスプロ電工 ブラックカラーの商品の取扱開始

表示方法:
サムネイル
詳細一覧
並べ替え:
おすすめ順
価格の安い順
価格の高い順
  • 【マスプロ電工】 家庭用UHFアンテナ 20素子 U206
    家庭用20素子UHFアンテナ U206(弱電界地域、境界付近用) 水平/垂直偏波用 ・優れた利得性能   6本反射器の採用、ダイポールの低損失化、導波器および反射器の最適化などにより、優れた動作利得です。 ・組立てやすい構造   上下に開くだけで固定できる新構造の反射器や、F型コネクターを採用した新設計のビームダイポールにより、組立てやすく、設置時間を短縮できます。   また、適合マスト径が22~48.6mmと共同受信用のマストにも対応していますから、設置場所を選びません。 ・ダークカラーの外壁とコーディネートできるブラックシリーズに20素子アンテナも加わりました。設置環境に合わせて選択いただけます。 ■仕様 受信チャンネル:ch13~52 出力インピーダンス:75Ω(F型端子) アンテナ利得(感度):8.5~13.7dB 前後比:19~28dB 電圧定在波比:2.5以下 外観寸法L×W×H:1480×373×544mm 質量:約1.1kg 適合マスト径:φ22~48.6mm RoHS対応、DHマーク適合品 付属品:F型コネクター(5Cケーブル用)×1

    3,980円(税込)~

    【マスプロ電工】 家庭用UHFアンテナ 14素子 U146
    家庭用14素子UHFアンテナ U146 (中電界地域用) 水平/垂直偏波用 ・優れた利得性能   6本反射器の採用、ダイポールの低損失化、導波器および反射器の最適化などにより、優れた動作利得です。 ・組立てやすい構造   上下に開くだけで固定できる新構造の反射器や、F型コネクターを採用した新設計のビームダイポールにより、組立てやすく、設置時間を短縮できます。   また、適合マスト径が22~48.6mmと共同受信用のマストにも対応していますから、設置場所を選びません。 ・ダークカラーの外壁とコーディネートできるブラックシリーズに14素子アンテナも加わりました。設置環境に合わせて選択いただけます。 ■仕様 受信チャンネル:ch13~52 出力インピーダンス:75Ω(F型端子) アンテナ利得(感度):8~12.4dB 前後比:18~28dB 電圧定在波比:2.5以下 外観寸法L×W×H:1030×373×544mm 質量:約0.92kg 適合マスト径:φ22~48.6 RoHS対応、DHマーク適合品 付属品:F型コネクター(5Cケーブル用)×1

    3,080円(税込)~

    【マスプロ電工】マスト(超防錆メッキ鋼) M130Z
    少ないメッキ付着量で高耐食性が得られ、長寿命化が図れる省資源対応マストです。 溶融亜鉛メッキの1/6程度のメッキ付着量で同等以上の耐赤錆性を発揮します。 クロムをまったく含まない無機系の後処理を施した材料を使用しています。 アンテナマストにもダークカラーの外壁とコーディネートできるブラックシリーズが加わりました。超防錆めっき鋼に黒色粉体塗装仕上げ処理の黒仕様です。 ■仕様 ・共通項目 RoHS対応 ・M130Z 摘要:超防錆メッキ鋼(ZAM) マスト長さ:1.3m マスト径:25.4mm 質量:約0.9Kg ・M160Z 摘要:超防錆メッキ鋼(ZAM) マスト長さ:1.6m マスト径:31.8mm 質量:約1.8Kg ・M182Z 摘要:超防錆めっき鋼 マスト長さ:1.82m マスト径:25.4mm 質量:約1.3kg ・182Z32 摘要:超防錆めっき鋼 マスト長さ:1.82m マスト径:31.8mm 質量:約2.2kg ・M182Z32(BK) 摘要:超防錆めっき鋼+黒色粉体塗装仕上げ マスト長さ:1.82m マスト径:31.8mm 質量:約2.2Kg

    767円(税込)~

    【マスプロ電工】ルーフベース(屋根馬) RB39S
    溶融亜鉛メッキ処理の屋根馬です。 屋根馬にもダークカラーの外壁とコーディネートできるブラックシリーズが加わりました。溶融亜鉛-すず合金めっきを下地処理に、黒色粉体塗装仕上げ処理にて、耐久性に優れさびにも強い屋根馬です。 ■仕様 摘要 RB39S:溶融亜鉛メッキ仕上げ(KSGメッキ) PB39S(BK):溶融亜鉛-すず合金めっき+黒色粉体塗装仕上げ 適合マスト径:φ22~32mm RoHS対応品 外観寸法H×W×D:485×390×390mm 質量:約1.6kg

    2,466円(税込)~

お探しの商品が適切なカテゴリーに掲載されていなかった際は、
ご面倒ですがサポートセンター までご一報頂けますでしょうか。
商品検索しやすくなるよう、今後のサイトの改善に役立ててまいりますので、
ぜひご理解とご協力を頂きますようお願い申し上げます。